値下がりがひどく、赤字になってしまうときは。

さかもとです。

 

僕は映画館で映画を見るのが好きです。
きょうは「SING」を見てきました!

これすごく面白いd(゚∀゚)b

字幕で見ましたが吹替版の音声も気になるので
近いうちに吹替版も見てこようと思います。

 

 

きょうは赤字になってしまう商品の販売価格について!

様々な意見があると思いますが、
初心者の方向けに僕なりの考えを書きますね。

実際には、需要・供給・仕入値など様々な要因が関わりますが
わかりやすいように、すごくシンプルに考えて書きます。

 

納品したばかりなのに
販売価格がすごく値下がりしていて、赤字になる価格だったとしたら。

あなたはどうしますか?
値段が戻るまで待ちますか??

 

僕は基本的に全てカートに合わせます。

理由は、”価格は時間経過と共に値下がりする”と認識しているからです。
つまり今現在の価格が一番高いということです。

 

もちろん実際は将来値上がりすることもありますが
いつになるかわかりません。

その間ずっと在庫として持っていなければいけないので、
キャッシュ回収が先延ばしされ、資金が圧迫されます。

 

さらに、人によっては精神的にも影響があるのではないでしょうか?

あの商品、、、そろそろ価格戻ったかな?
って気になったり。

 

そんなことを気にしても1円の利益にもなりません。

販売してしまえば、
・価格が戻ったかどうか気にする必要がない
・赤字で多少減ったとしても、キャッシュが回収できるので次の商品を仕入できる
・赤字になった商品を知ることができる

たくさんメリットがあります。
だからサクッと赤字で販売してしまったほうが合理的なんですよね。

 

そもそもすべての商品でしっかりと利益をあげることは不可能です。

でも、心配しないでください!

30%、0%、15%、-20%、、、こんな風に1つ1つはバラバラですが
合算されて15%~20%くらいの利益になるんですよ。

そして赤字商品・利益の少ない商品にフォーカスして理由を見つけ
次回からの仕入を改選していくことで、仕入精度が高まっていきます!

 

毎日継続していくことで、1つずつ出来ることが増えていきますよ。
頑張りましょう!

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


応援よろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA