数値管理の方法は?

さかもとです。

 

1週間以上前に仕入をした商品の発送が遅れていました。

催促ってなるべくしたくないんですよね。
英語が苦手なので誤ったニュアンスで伝わるのが怖くて。

 

でも今回は、さすがに遅いので
出荷の目途はたちましたか?と聞いてみました。

その翌日に、こんなメールが。
きょう出荷したよ!トラッキングNoはXXXXXだから。よろしく!

納期がだいぶ遅くなったことに関しても、
僕のメールに関しても一切触れてこない(゚з゚)

これって出荷忘れてたのかな、、、??
次回の取引では注意しようと思います!

 

 

きょうは珍しく?w真面目な話です。

輸入ビジネスに限ったことではありませんが
仕事をする上で様々な数値の管理ってとても重要ですよね。

そんな数値管理について、どんなExcelで管理してますか?と相談を受けました。

 

数値管理ってExcelの様式など、管理方法にフォーカスしがちです。

もちろん管理方法も大事なんですが、
なんの目的でどんな数値を管理するのか、がとても重要です。

 

具体的には、こんなイメージですね。

なんの目的: 毎日のリサーチ実績を知りたい。
どんな数値: 1日毎に細分化された、リサーチ時の想定利益額。
どう管理 : 仕入表にある1ヶ月分の想定利益額を日付毎に管理する。→それにはExcelで○○を××して、、、

 

○○・××って、隠したいわけじゃないですよww

伝えたいのはExcelの機能ではなく本質的な考え方です。
ここでExcelの機能を説明すると、伝えたい部分がぼやけてしまうので(´Д`υ)

 

上記の具体例、わかりますか?
どう管理するかっていうのは一番最後に考えることなんですよね。

ある目的を達成するための手段(管理方法)として、Excelで集計をして数理管理をしてるだけなんです。

 

Excelの収支管理表、シンプルに越したことはありません。

いろいろと機能を盛り込む前に、まずは目的を明確にしてみてください!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングがとんでもないことになっていますw
いつもクリックして頂き、ありがとうございます!!!


応援よろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA