怪しい出品者増加による影響

さかもとです。

 

 

既にいろいろな媒体で書かれていますが、
Amazonに怪しい出品者がたくさん出現していますね。

・売れ筋商品を数多く出品
・格安(通常価格の半額くらい)
・自己発送
・配送までのリードタイムが長い
・直近の評価が少ない

特徴はこんなところかな?

 

今回の騒動に対して、僕たちセラーはとても無力です。

・価格調整ツールの設定を、自己発送セラーに対して動かないように変更
・発見したらAmazonへ通報(僕は数回通報していますが、効果あるのかな?)
できることって、これくらいしかないんですよね。
なるべく早い対応を祈りながら、嵐が過ぎ去るのを待つしかありません。

 

私たちへの影響として、パッと思い浮かんだことが3つあります。

①Amazonの信用失墜→売上減少
②想定以上の格安価格での販売
③モノレートの履歴が参考にならない

①②は、もうそのままですね。
説明は省きます。
②に関しては赤字ストッパーと価格追従モードを見直しましょう!

 

③は、仕入数量の判断に大きな影響があります。
仕入数量の判断にモノレートを使用する方は多いですよね?

モノレートのランキンググラフでギザギザを数えて判断をするわけですが、
今回の騒動により格安販売されているため、通常価格のときよりも売れているんですよね。

するとどうなるでしょうか?

たくさん売れる

ランキング変動が多くなる

モノレートのギザギザがたくさん発生

実際よりも多くの仕入数量の予測につながる

 

うーん。やっかいですね。

モノレートのギザギザだけではなく、
そのときの価格推移をしっかりと確認する必要がありますね。

 

モノレートを使用している方は、
モノゾンを併用している方も多いんじゃないでしょうか?

モノゾンの数字だけ見てる方は、特に危ないですよ!!!!

 

他にも、セラーアカウント開設時の審査が厳格化したりとか、、、
まだまだ影響はありそうです(´д`)

 

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!


応援よろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA