重大なミスに気づきました。

さかもとです。

 

皆さん、プライスター使ってます?

赤字ストッパーさえ設定しておけば、
自動で価格調整してくれるからすごく便利ですよね。

僕もずっとプライスターを利用していますが
価格調整について重大なことに気づきました。

 

いままでずっと、率先して価格崩壊させていたと思います。。。
同じ商品を扱っているセラーさん、本当にごめんなさい!!!!

皆さんも気づかないうちに、
同じような処理をしてしまっているかもしれないので、
全セラーのためにwwシェアしますね。

 

僕は仕入する際に、
現時点の販売価格よりも多少下がった価格を想定販売価格として
利益計算しています。

例:現時点で5000円→想定販売価格4800円

その商品がリピートではなく自分としては初めて扱う商品の場合、SKU登録しますよね?

SKU登録するには販売価格を入力する必要があります。
その販売価格ですが、仕入時に入力した販売価格(4800円)をそのまま入力しています。

そのあとにプライスターのCSV一括変更機能を利用して、
赤字ストッパーと価格調整モードを登録したら、SKU登録作業は完了です!

プライスターが価格調整するので、SKU登録時の販売価格は特に意識していないんですよね。

 

 

同じような流れで処理している方、僕以外にも結構いませんか??

これ、いままで全く問題だとは思っていませんでしたが、すごく危険です!!!
利益に直結します!!!

 

なぜかというと、上記の例だと4800円で登録された販売価格は、
CSVで価格調整モードをカートに合わせるよう変更しても、その時点では価格調整されません!

CSVで価格調整モードを変更した場合、
当然対象SKU全ての価格調整モードはその段階で変更されますが、
リアルタイムで実際に価格調整されるのは、出品中(在庫有)商品だけというシステムになっているようです。
(手動でクリックし価格調整モードを変更すれば、在庫がない商品もリアルタイムで価格調整されます)

なので4800円のまま納品が受領されて出品されてしまいます。

そのまま他のセラーさんが5000円で待っていてくれれば、
自分の価格はプライスターが5000円に上げてくれますが、
他のセラーさんもプライスター使ってますからねw

自分の4800円に合わせて、他のセラーさんの価格も4800円まで下がりますww

 

、、、自らの首を絞めにいく、最悪な展開ですよね。

 

今後SKU登録する際は、登録用の高い販売価格にする!と心に決めましたw

もしも同じような手順で処理している方がいれば、次から気を付けましょう!

 

、、、僕自身2回確認したので、誤りではないと思いますが、
そんなシステムじゃないだろ!!
さかもと適当なこと書くなよ!!
って御指摘あればコメントください。

すぐに修正と再確認をします。

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!


応援よろしくお願いします!!

重大なミスに気づきました。” に対して 4 件のコメントがあります

  1. 雄大 より:

    俺もそうなるのが嫌だったので、納品前には必ず納品するSKUの価格をチェックする事にしています!
    特に在庫切れの時のリピートは要注意です( ̄Д ̄)ノ

    価格破壊リーダーですねww

    1. さかもと より:

      コメントありがとうございます!

      えーーーー雄大さん気づいてたんですか?!
      なんで内緒にしてたんですかww教えてくださいよw
      きょうからはリーダー引退しますw

  2. たかゆき より:

    私もSKU登録するときにはかなり高い金額で設定しています。

    あと、プライスター利用者同士が低価格で争うのも嫌なので、2~3日に一度くらい自分ともう1人しかセラーがいない商品については、価格の自動設定を「しない」にして、値段を倍くらいにしておいて、1時間位様子を見てから「FBA状態合わせ」に戻すようにしています。
    これは先週から始めているので、どのくらいの効果があるかはまだわかりません。

    1. さかもと より:

      たかゆきさん、コメントありがとうございます!!!

      それ良いですねー
      なるべく手間をかけずにやれる方法を考えてみたいと思います。
      ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA