破損商品の補償

さかもとです。

 

 

いよいよ明日から東京です!

オフ会楽しみだ―――

オフ会ってなんであんなに楽しいんだろう。笑

 

 

 

少し前にブログでも書きましたが、
海外からFEDEXで輸送した商品が破損していたんですよねー

すぐにFEDEXへ連絡をすると
輸送箱を破損させた記録が残っていたそうで、
こちらの言い分そのままで補償をしてくれるということでした。

手続きには荷送人の委任状が必要でしたが、
取引先の協力も得られたので難なくクリア!!

必要書類をFEDEXに提出してから1週間ほどで
僕の銀行口座に補償金が振込まれ手続き完了!!!

 

今回は被害が数万円と少額でしたし
FEDEX側の記録にも残っていたので、とてもスムーズに対応して頂けました!

しかし通常であれば、破損した証拠となる写真を送る必要がありますし、
場合によっては担当者が実際に見に来ることもあるそうです。

そのときに絶対に必要なのが、外箱・緩衝剤・商品です。

実際に破損した商品はもちろん、それ以外にも
その商品がどうやって梱包されていたか、とか
どんな衝撃でどう破損したのか、といった視点で調査されるということですね。

 

到着した荷物の段ボールってすごく邪魔ですが、
まずは商品に破損がないことを確かめてから廃棄しないといけませんねー!

 

今回は幸い自宅へ到着した荷物でしたが、
納品代行業者さんってどこまでやってくれてるんだろう・・・

良い機会なので確認してみたいと思います!!

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!


応援よろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA